ハイジニーナでもデザイン可能

医療脱毛でVIOラインの脱毛をする場合、ハイジニーナになってしまうのかという不安がある方に、ハイジニーナ脱毛についてお答えします。

・医療脱毛のVIOライン

医療脱毛でVIOラインの脱毛をする場合は、全部処理するハイジニーナ脱毛を選ぶ人も増えています。

【関連記事】→URL:http://www.j-cast.com/2009/12/11055998.html

アンダーヘアーを処理する事で、雑菌の繁殖を抑える事ができます。

普段はもちろん特に生理の時は、蒸れやニオイを大幅に軽減できるというメリットがあります。

レーザーを照射して毛根を破壊するため、永久脱毛効果が得られます。

ハイジニーナ脱毛をすると、毛が生えてこないので後から修正は出来ません。

・デザインは選べるの?

エステサロンではアンダーヘアーの脱毛をする時、Vラインをデザインしたり、すべて処理するのではなく、毛を減らしたりする事ができます。

これは医療脱毛でも対応してもらえます。

Vラインだけデザインをして一部の毛を残すことができます。

全部ツルツルにするのに抵抗があるなら、毛を減らす事もできます。

クリニックでも初回にカウンセリングをしますので、その時にデザインしたい事を伝えておけば大丈夫です。

・まとめ

医療脱毛もレーザーの照射レベルを調整できます。

下着からはみ出るくらいボーボーの人でも、一度処理すれば永久脱毛効果が得られるので、下着からのハミ出しを気にせずに済みますし、自己処理も不要となります。

出力は医師が調整してくれますし、万一なにかトラブルがあっても、医療機関ですからすぐに治療ができます。